メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学

胎児心不全にたんぱく質関連 母体血だけで判定に道

国立循環器病研究センターなどのチームが発表

 おなかの赤ちゃんの心臓の機能が弱まる「胎児心不全」に3種類のたんぱく質が関わっていることが分かったと、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)などの研究チームが米医学誌で発表した。これらは胎児から母体へも運ばれるため、母親の血液検査で発症の有無を判定できる可能性がある。

 同センターによると、胎児心不全は1万人に1~2人が発症する。重症の場合は生命維持のため帝王切開で早…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです