メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

公然化する「ウラの言論」=保阪正康

感性と記憶に頼らぬ歴史観を

 平成という元号は、あと半年ほどで終わる。次の元号がどのようになるのか、人々の関心も日々高まっている。あれこれ予想しての歴史談議も盛んになっているようだ。ところで、この平成という時代は、どのように語り継がれるのだろうか。昭和とは異なった時代様相であるだけに、歴史的には多様な言い方がされるのではないかと思う。

 昭和は「戦争」という語が軸になって語られてきた。いわば戦争の持つ加害性、そして被害性が混在しながら…

この記事は有料記事です。

残り1880文字(全文2097文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです