メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

公然化する「ウラの言論」=保阪正康

感性と記憶に頼らぬ歴史観を

 平成という元号は、あと半年ほどで終わる。次の元号がどのようになるのか、人々の関心も日々高まっている。あれこれ予想しての歴史談議も盛んになっているようだ。ところで、この平成という時代は、どのように語り継がれるのだろうか。昭和とは異なった時代様相であるだけに、歴史的には多様な言い方がされるのではないかと思う。

 昭和は「戦争」という語が軸になって語られてきた。いわば戦争の持つ加害性、そして被害性が混在しながら…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  3. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  4. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  5. 元タレント羽賀研二受刑者を逮捕へ 強制執行妨害の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです