メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

特攻に散った青年 絵・手紙集刊行 才能断ち切った戦争の無残

『まんが少年、空を飛ぶ』の表紙

 第二次世界大戦末期、日本軍は爆弾を搭載した航空機もろとも米軍など連合国軍に体当たりする「作戦」を組織的に行った。「特攻」だ。改造魚雷などの特攻もあったが、航空機だけでおよそ4000人が戦死。成人前の多くの若者が含まれていた。『まんが少年、空を飛ぶ』(偕成社)は、豊かな才能を持ちながら19歳で逝った山崎祐則(すけのり)の手紙やスケッチを集めたものだ。

 1925(大正14)年、高知市に生まれた。子どものころから絵が得意で、中学生時代に書いた60ページ…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1021文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  3. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです