メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

米ポートランド ベネフィット・コーポレーション 貢献が企業の目的 環境配慮50カ国で認証

Bコーポレーションのスーパー「ニュー・シーズンズ」で売られるバナナは、売り上げの一部がメキシコやエクアドルに寄付される=米西部オレゴン州ポートランドで2018年8月、清水憲司撮影

 米国発の新たな企業形態である「ベネフィット(Benefit)・コーポレーション」が、世界に広がりつつある。営利企業でありながら、従業員や取引先、地域、環境に対する貢献を企業目的にしている。基準をクリアして第三者機関の認証を受けた企業は、「Bコーポレーション」と呼ばれる。約100社が集まる米西部オレゴン州ポートランドで取材した。

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文1866文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです