メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

「僕」は被害者で加害者 風船爆弾を作らされた、愛媛出身の90歳 戦争の愚、小説で若者へ

「ぼくは風船爆弾」の表紙=潮出版社提供

 1個の風船爆弾を主人公にした小説「ぼくは風船爆弾」(潮ジュニア文庫)が先月刊行された。太平洋戦争末期の1944(昭和19)年秋から翌春にかけ、米国へ向け飛ばされた旧日本軍の兵器。和紙の産地・愛媛県川之江町(現四国中央市)で少女の頃に爆弾づくりに動員された作家、高橋光子さん(90)=東京都武蔵野市=が主人公に思いを託し、「戦争の愚かさを訴えるのが僕の使命」と若い世代に呼び掛けている。【松倉展人】

 高橋さんら旧川之江高等女学校(現川之江高)の生徒159人は44年に勤労動員された。当時15、16歳…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです