メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

奈良・興福寺が中金堂再建 偉大な広場の未来は

再建された興福寺中金堂=伊藤和史撮影

 少々つかみどころのない印象だった境内が、求心点をもつ充実した空間に変容していた。

 奈良・興福寺の中心建築、中金堂が300年ぶりに再建され、落慶法要もめでたく行われたのを機に参拝した。東西37メートル、南北23メートル、高さ21メートルの木造大建築。奈良時代の創建時(8世紀前半)そのままにつくられたという。天平の威容とはこうしたものかと思う。

 興福寺ほど焼亡と復興を繰り返した社寺も珍しい。中でも中金堂は兵火などで7度も焼失、その都度再建され…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1592文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです