メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

目撃者がつづる百舌鳥古墳群の転変 堺の男性が著作

歯科医の宮川さん=堺市堺区で2018年10月4日、花澤茂人撮影

 世界遺産登録を目指す百舌鳥(もず)古墳群(堺市)の周辺でかつて、開発のため多くの古墳が消滅したことや、住民らによる保存運動が起こったことを知る人は多くないだろう。そうした経緯を当事者の目線でつづった『よみがえる百舌鳥古墳群-失われた古墳群の実像に迫る-』(新泉社、2700円)が9月に出版された。

 著者は地元で生まれ育った歯科医の宮川〓(すすむ)さん(85)、堺市堺区。故・森浩一さん(同志社大名誉教授)ら戦後の考古学会をリードした研究者らと親しく交わり、消滅の危機にあった「いたすけ古墳」の保存運動(1955年)にも中心メンバーとして携わっ…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです