メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のひとりごと

柿の「木守り」に思う共生 /東京

 民家の庭先で、柿の実が赤みを増している。今年は柿の当たり年なのか、例年より実の数が多く見える。

 少子高齢化や飽食の時代を反映してか、多摩地域でも実を収穫する民家が減っていると聞く。採る人もなく、鈴なりに実ったままの柿の木は、一抹の寂しさを感じさせる。

 山間部の田園地帯で、こずえの枝先に赤々と熟れた実を一つ二つ付けた柿の木の立ち姿は、晩秋の風物詩だ。実を全て採…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです