メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国高校駅伝

女子3位に四学大香川西 地区代表枠で都大路へ 女子2位、高松工芸 男子6位、小豆島中央 /香川

四国高校駅伝競走大会で、女子2位でフィニッシュする高松工芸の二羽杏美選手=高知市の東部総合運動場で、松原由佳撮影

 男子第62回、女子第30回四国高校駅伝競走大会(四国高体連など主催)が18日、高知市の東部総合運動場周回コースであった。記念大会に当たる女子は全国大会に出場できる地区代表枠が設けられ、四国学院大香川西が各県予選会の優勝校を除いて最上位となる3位に入ったため、都大路への切符を手にした。【北村栞、松原由佳】

 男子(7区間、42・195キロ)は松山商(愛媛)が2年連続3回目、女子(5区間、21・0975キロ…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1142文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです