メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

自己責任論と無関心 公益実感させる報道こそ=武田徹

 ジャーナリストの安田純平さんの帰国後、案の定というべきか、国内では自己責任を巡って激しい論争が起こった。その議論には特徴がいくつかあったように思う。

 行為には責任が伴う。その意味でシリアに入る選択をした安田さんに責任が及ぶのは当然だ。だが、責任について論じる際には、ゼロから自発的に行動を選べる機会は実はまれだということを念頭に置く必要もある。

 選択肢は社会的にあらかじめ限定されがちだし、各種の制限の中でやむをえず選んだというケースも多い。そ…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1095文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです