メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 小川糸さん ベルリンと母を語る

エッセー集『針と糸』が刊行された作家、小川糸さん=2018年11月12日東京千代田区のレストランアラスカで、内藤麻里子撮影

 ■針と糸 小川糸(おがわ・いと)さん 毎日新聞出版・1512円

 2008年、初版4000部で始まった単行本デビュー作「食堂かたつむり」が映画化され、翻訳版まで含めると100万部のベストセラーに。「つるかめ助産院」「ツバキ文具店」が相次いでテレビドラマ化されるなど、注目される作家のエッセー集だ。

 作家を形作る「針と糸」が垣間見られるが、中でもドイツ・ベルリンと母のことが大きな印象を残す。

 ベルリンを「心のふるさと」という。心を奪われたのは08年、初めて仕事で訪れた時のこと。自転車で坂道…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文900文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです