メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

礼儀重んじ60年 殺陣同志会 日芸、記念公演に思いぶつけ

紙吹雪が舞う中、厳しい練習の成果を披露した日大芸術学部殺陣同志会の学生たち=同学部江古田校舎中ホールで

 「殺陣は言葉のない会話であり、愛情表現です」。りんとした口調で語るのは、日本大学芸術学部文化部連盟殺陣同志会(日芸殺陣同志会)の部員たち。殺陣専門の演劇サークルで、今年創設60周年を迎える。記念すべき年の学園祭公演と稽古(けいこ)の様子を追った。【昭和女子大・後藤梓、写真は成城大・風間健】

 殺陣とは、映画や劇での、手足や刀などの武器を使った格闘シーンのこと。ドラマ「水戸黄門」の最後に、助さん格さんが悪役を倒すシーンを思い浮かべればわかりやすいだろう。起源は、江戸時代の歌舞伎の闘争形式にさかのぼる。殺陣に特化した大学の演劇サークルは、全国でも珍しい。

 日芸殺陣同志会は、かつてあった学生寮の裏地で遊んでいたチャンバラごっこがサークル化し創部された。現…

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1659文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです