メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

宅地への乱反射防止 熊野市が指針策定へ /三重

 遊休農地などを雑種地に地目変更して業者が設置する小規模太陽光発電パネルの住宅地への乱反射などを防ぐため、熊野市は「同発電施設の設置に関するガイドライン」を策定、来年1月から施行する。19日の定例会見で河上敢二市長が表明した。太陽光発電を巡るトラブルは全国で起きており、市はガイドラインに従って業者に…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです