メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語会

初代・桂文治しのび 文我さん、11代目文治さん 最期の地・四日市で、命日の29日 /三重

 東京と上方の東西落語界で「桂(かつら)」の亭号を持つ一門の祖で、巡業先の四日市市で死亡したとされる初代桂文治(1773~1816年)をしのぶ落語会が命日の29日、最期の地の同市内で開かれる。県内在住で初代の墓を守る上方落語家、桂文我さん(58)と、東京落語の当代11代目、桂文治さん(51)による「初代文治没後202年記念 東西落語会」。【尾崎稔裕】

 会場は近鉄四日市駅前の近鉄アートホール(近鉄百貨店四日市店11階)。昼夜2公演で、文我さん、文治さ…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  2. TV映像無断使用した広告でダイエットサプリ販売 著作権法違反容疑で男2人を逮捕
  3. センバツイメージキャラに井本彩花さん 国民的美少女コンテスト2017年のグランプリ
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです