メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長浜城主時代の秀吉 太閤検地や近世城下町の原点 太田さんが出版 /滋賀

新著「近世への扉を開いた羽柴秀吉」を手にする太田浩司さん=滋賀県長浜市八幡東町で、若本和夫撮影

 長浜市の太田浩司学芸専門監(57)が「近世への扉を開いた羽柴秀吉~長浜城主としての偉業を読む」(サンライズ出版)を出版した。羽柴(豊臣)秀吉が初めて城主となった長浜時代の業績に新たな光をあてた画期的な力作。後に天下人となった秀吉が実施した太閤検地や近世(江戸時代)城下町の原点が、長浜での施策や都市形成にあったことなどを独自の視点で描き出している。

 織田信長の家臣だった秀吉は、北近江を治めていた浅井氏攻めの先鋒(せんぽう)を務めた。浅井氏の居城・…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱
  5. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです