メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

日産ゴーン会長逮捕 19年、長過ぎた君臨 V字回復の「立役者」

3社のトップに立つゴーン会長

 世界最大規模の自動車グループを率いるカルロス・ゴーン容疑者が19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕された。経営破綻寸前だった日産自動車をV字回復させた希代の「カリスマ経営者」だが、長く権力の座に座り続けたことが不正を招いた。仏ルノー、三菱自動車を含めた3社を率いる「要」だったゴーン会長が自身の不正で突然退場する非常事態。3社のバランスが不安定化するのは不可避で、自動車業界の勢力図への影響も計り知れない。

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文1939文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. 豚コレラ 愛知県、ワクチン散布 野生イノシシに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです