メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 平成くん、さようなら=中森明夫

古市憲寿さん=根岸基弘撮影

 「平成最後の……」という枕ことばをよく耳にする。昭和の終わりにはなかったことだ。今上天皇の生前退位により、来年4月末日に平成は終わる。さて、「平成最後の」の惹句(じゃっく)にふさわしい小説を読んだ。古市憲寿著『平成くん、さようなら』(文芸春秋)である。

 主人公は1989年1月8日、平成最初の日に生まれ、「平成(ひとなり)」と名づけられた若手文化人だ。たまたま同じ日に生まれた恋人「愛ちゃん」の一人称で物語は進行する。2人は港区のタワーマンションで同棲(どうせい)しているが、性関係はない。

 「彼から安楽死を考えていると打ち明けられたのは、私がアマゾンで女性用バイブレーターのカスタマーレビ…

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1687文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです