メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

マー君 来年こそゴールドグラブ賞獲る「変わらずやっていく」(スポニチ)

 ヤンキース・田中が日本投手初のゴールドグラブ賞へ意欲を示した。今季は初めて3人の最終候補に残った。タイトルはカイケル(アストロズ)に譲ったが「ファイナリストに残れたのは一つ前に進めたと思う。よりいい動き、ステップの踏み方、送球の仕方とか。変わらずやっていきたい」と継続を誓った。

     平均的な選手に比べ何点失点を防いだかを示す守備防御点(DRS)は、150回以上投げた投手でリーグトップの7。8月16日のレイズ戦で2度のけん制死を奪うなど、単なる捕球だけでなく、クイックや送球判断と幅広く磨いてきた。

     2年ぶりの開幕投手には「1番手どうこうより、いい投球をし続けたい」とシーズン通じての活躍を重視。「160キロは投げられない」と自嘲したが、守備も含め投手としての総合力こそを武器とする。この日は楽天の本拠地を訪れ帰国を報告し、元同僚の嶋らと談笑。「(楽天を)応援しているし、僕も来季いい報告ができるように」と引き締めた。 (後藤茂樹) (スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
    2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
    3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
    4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
    5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです