メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 坪内逍遥をして「江戸演劇の大問屋」と言わしめた河竹黙阿弥は生涯に360編以上、鶴屋南北も120編以上というから、先人の多作ぶりに驚かされる。当代では日本の不条理演劇を確立した別役実が、名取事務所公演「ああ、それなのに、それなのに」(10月12~21日、真鍋卓嗣演出)で書き下ろし144作目となった。

 その別役が1971年に発表した戯曲に、改めて別役作品の普遍性を感じさせられた。岐阜・可児市文化創造センターalaコレクションシリーズvol.11「移動」(11月7~14日、東京・吉祥寺シアター、西川信廣演出)だ。

 ひたすら電信柱が続く道。家財道具一切を荷車に載せて、赤ん坊を連れた女(竹下景子)とその夫(たかお鷹…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. 「残念に思うと申し上げた」河野氏、韓国外務省コメント「抗議せず」に反論
  5. トランプ米大統領 非常事態宣言 共和苦境 「無効化」決議に複数同調か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです