メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台

南河内万歳一座・空晴 合同公演「隠れ家」 トンネルに地球防衛軍!?

南河内万歳一座の内藤裕敬(左)と空晴の岡部尚子=畑律江撮影

 大阪の人気劇団「南河内万歳一座」と「空晴(からっぱれ)」が合同し、新作「隠れ家」(内藤裕敬作・演出)を12月5~12日、大阪市天王寺区の一心寺シアター倶楽で上演する。全10回公演。

 2020年に創立40周年となる南河内万歳一座が、カウントダウン企画の第1弾として行う後輩劇団との合同公演。座長の内藤は「空晴は以前からつきあいが深い。合同により空晴の俳優の別の姿を見ていただけると思う」と話す。社会事象から発想を広げダイナミックな群像劇を創る南河内万歳一座と、身近な人間関係をコミカルかつ繊細に描く空晴。見せ方は違うが、空晴代表の岡部尚子は「互いが描こうとしているテーマに共感することが多いんで…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです