メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秩父夜祭

林家たい平さん「夢の大役」 屋台囃子手に /東京

 今年12月の秩父夜祭の上町(かみまち)屋台で「囃子手(はやして)」を務める埼玉県秩父市出身の落語家、林家たい平さん(53)=本名・田鹿(たじか)明=が11日、秩父神社で安全祈願のおはらいなどを受けた。たい平さんは「秩父人として、一生に一度の夢の大役を全うする」と誓った。

 ユネスコ無形文化遺産の秩父夜祭は、秩父神社例大祭として300年以上の歴史を持ち、上町屋台など豪華な屋台・笠鉾(かさぼこ)計6基が太鼓とかねの奏でる屋台囃子に乗って引き回される。山車の乗り手は囃子手などと称…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです