メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

福井県敦賀市 産業団地造成 新たな経済基盤創出 /北陸

造成現場で第2産業団地について説明する福井県敦賀市産業団地整備課の井口直樹課長(手前)ら。奥が最初の分譲区画でその先は敦賀湾=福井県敦賀市で、高橋一隆撮影

 「原発だけに頼らない経済」を掲げる福井県敦賀市が、産業団地を造成している。敦賀港や北陸道とのアクセスに優れた田結(たい)地区の第2産業団地(8.92ヘクタール)で、総事業費23億円を投じて整備し企業を誘致している。初回の分譲区画は来春完成予定で、2023年春の北陸新幹線延伸に弾みをつけたい考えだ。【高橋一隆】

 敦賀港からは2キロ、北陸道敦賀インターチェンジから4キロ、JR敦賀駅からは5キロの好立地。市が初め…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  4. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです