メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

「アルゴ計画」世界の海観測 ブイ使い温暖化の影響監視

アルゴ計画20年

 世界中の海に自動で浮き沈みするフロート(ブイ)を約4000基設置し、水温などを観測する国際プロジェクト「アルゴ計画」が構想から20年を迎えた。地球規模で海の様子を三次元で捉えられるようになり、地球温暖化などの研究に生かされている。【大場あい】

 ●荒天でも偏りなく

 アルゴ計画は、気候変動に対する海の変化の全体像把握を目指す国際プロジェクトで、約30カ国が参加する。1998年に開催された国際会議で専門家によるチームが発足し、2000年に海洋観測用のブイ「アルゴフロート」の投入が始まった。日本では海洋研究開発機構や気象庁などが計画に参加し、約150基を担当している。アルゴの名は、ギリシャ神話の英雄が乗った巨大な船に由来する。

 計画以前の海洋観測は、船が中心だった。海洋機構の増田周平・海洋循環研究グループリーダーは「航路以外…

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1752文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです