メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀

消費生活センターが偽サイト開設 トラブル回避狙い

「ネットの罠体験ショップ」のホームページ。架空の「商品」が並んでいる

 不当な価格表示や誇大広告など、消費者トラブルになりそうな架空の「商品」を集めた偽の通販サイト「ネットの罠(わな)体験ショップ」を、滋賀県消費生活センターが開設した。「世界が認めたサプリ 初回100円」「オーガニックビーフ 今だけ半額」などの商品を掲載し、購入しようとすると注意書きが現れる。消費者がだまされないよう、しっかりとした「目」を養うのが狙いだ。

 サイトには「キッチン・雑貨」「美容・化粧品」「健康食品」の3ジャンルに計12種類の「商品」があり、…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです