メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大谷会見詳報

(5止)投手復帰の課題「より負担少なく効率よく投げていくこと」

記者会見で笑顔を見せる大谷翔平選手=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年11月22日午前10時14分、竹内紀臣撮影

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(24)が22日午前10時から東京都千代田区の日本記者クラブで開いた記者会見の詳報の続きは次の通り。【統合デジタル取材センター】

おいしいおすしを食べたい

 --投手の方の話になるが、先ほど初登板の際に緊張したという話があったが、具体的にオープン戦を含めてどういったところに不安というか少し気に掛けたような部分があったのか。実際に初登板を終えてそれが解消されたようなところがあったか。もう一点は打者で来季復帰して、その先の話になると思うが、自身の投球内容の点で投手として復帰する際にどういった課題を持って取り組んでいくか。

 ◆一つ目は、毎年あまりオープン戦の結果がすごくいいということはないのですが、それでシーズンに入って…

この記事は有料記事です。

残り2284文字(全文2612文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです