メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丸くなる仕組み解明 再生医療活用に期待 京大など /京都

目が丸くなる仕組み

 京都大などの研究グループは、哺乳類の目が丸くなる仕組みを解明したと発表した。目になる組織の細胞同士が組織全体の変形を感知し、互いに微調整しているという。iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)から作製した細胞や組織を移植する「再生医療」では現在、眼球のような複雑な組織・器官を作ることは難しいといい、今回の解明が役立つ可能性がある。成果は22日、米科学誌「サイエンス・アドバンシーズ」電子版に掲載された。

 哺乳類の目は、シート状の脳組織が突き出して半球状となり、その先端が次第にくぼんでカップ状の「眼杯」…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです