メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「移民社会」 入管政策のあり方

高宅茂・元法務省入国管理局長=和田武士撮影

 外国人労働者の受け入れを拡大するための在留資格新設を柱とする入管法改正案の国会審議が本格化している。人手不足に苦しむ産業界には新たな働き手への期待がある一方、治安悪化などへの国民の不安も指摘される。政府は法務省入国管理局を出入国在留管理庁に格上げする方針だが、日本の出入国在留管理政策はどうあるべきか。

この記事は有料記事です。

残り4433文字(全文4585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです