メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロッテ

“恋人”丸囲い込み 初交渉に“一丸”球団首脳勢ぞろい(スポニチ)

広島からFA宣言した丸=スポニチ提供

 ロッテは22日、広島から国内フリーエージェント(FA)宣言している丸佳浩外野手(29)と都内で初交渉を行った。井口監督、山室晋也球団社長、林信平球団本部長、松本尚樹編成部長と球団首脳が勢ぞろいして「恋人」と約40分間、面会した。

     上京した丸と代理人へ都内を見渡す高層ホテルのスイートルームを用意。13年オフに西武から移籍した涌井と交渉した時と同じ、88平方メートルの「末広がり」部屋で験を担いだ。「短い時間でしたが、若い選手が多いチームをリーダーとして引っ張ってほしい。優勝するための力になってほしいとの思いが強くなった。一緒に戦ってほしいという思いを伝えさせてもらった」。井口監督の言葉からは熱い思いがこぼれた。

     球団は連結の売り上げが6兆円を超える本社のバックアップを受け、6年24億円超に加え将来的な「監督手形」を用意したとみられる。また、戦力、リーダー、地元貢献の3点で球団の中核になってほしいと申し出た。

     交渉は金銭に触れず、一方で具体的だった。丸からはZOZOマリンやキャンプ地、オフ期間の練習環境、家族のことを考えた教育面や住環境と質問が相次いだ。また、井口監督へ「メジャーで良かったことは?」と移籍での経験談を尋ねるシーンもあった。

     今後は丸側からの反応を待つことになるが「考えられるものは考えると伝えてあります」と林本部長は条件交渉も応じる構え。今オフ最大の補強へ向けた戦いが、始まった。 (福浦 健太郎)(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
    2. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
    3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
    4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
    5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです