メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 東京11R・ジャパンC (日曜競馬)

頂点制覇、アーモンドアイ

 3歳牝馬アーモンドアイが日本競馬の頂点に立つ。春は桜花賞をレースレコードで優勝。距離が伸びたオークスもメンバー中最速の末脚で圧倒した。2分23秒8の勝ち時計は、ジェンティルドンナに0秒2と迫るレース歴代2位の好記録だった。前走の秋華賞は後半1000メートルすべて11秒台のラップという上がりの勝負となったが、これも次元の違う末脚で抜け出した。5カ月ぶりを使われて、前走とは馬体のシルエットが違う。斤量53キロは有利。1、2コーナーをスムーズに回れれば頂点制覇は難しくないとみた。

 キセキは前走の天皇賞でハナを奪って0秒2差3着。ラスト4ハロンのレースラップが11秒3-10秒9-…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです