メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

尾張砂像連盟会長 小山功さん(58) /愛知

砂アートを次世代へ

 「無事に30回を迎えられたことに感謝しています。これからも多くの来場者があるよう、さらに努力していきたい」。10月に稲沢市祖父江町で行われた砂の造形展「稲沢サンドフェスタ」では実行委員会幹事として奔走した。そのかいあってイベントには過去最高の5万1000人が来場し、大盛況だった。

 祖父江町は木曽川の流れによって生まれた全国的にも珍しい「祖父江砂丘」と呼ばれる河畔砂丘がある。砂の造形展はこうした特徴を生かして1989年、旧祖父江町が秋まつりの一環で始めた。初めは祖父江中学の生徒のみの出展だったが、3回目から一般団体からも参加を募るようになった。当時、佐織工業高校の非常勤講師として建築科で教壇に立っていたことから、生徒と一緒に作品づくりに取り組むようになった。

 名城大理工学部建築学科で学んでいた学生時代、現代彫刻展にステンレス製の作品を出展していたが、賞を獲…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文1047文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです