メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニシキゴイ

今春コイヘルペスで全て殺処分、100匹再放流 来園者「元気に育ってね」 高松・栗林公園 /香川

ニシキゴイを放流する栗林小の児童ら=高松市栗林町1の栗林公園で、潟見雄大撮影

 コイヘルペス(KHV)への感染で全てのニシキゴイが殺処分に追い込まれた国の特別名勝「栗林公園」(高松市栗林町1)で23日、新たなコイが放流された。錦秋を迎えた園内に一層の彩りを加えようと池を泳ぎ回る姿に、来園者からは喜びの声があがった。【潟見雄大】

 公園観光事務所によると、園内のニシキゴイは2016年と17年にクラウドファンディングによって集まった資金で計400匹を放流し、約700匹まで増えた。だが、今年4月に一部がKHVに感染していることが発覚。治療法がないことから、全てのコイを殺処分せざるをえなくなった。その後、池の検査でKHVが死滅していることを確認。以前の数には及ばな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです