メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

韓国最高裁 元徴用工賠償判決=回答・堀山明子

 韓国最高裁は先月30日、新日鉄住金に対し、韓国人元徴用工(ちょうようこう)の原告4人に1人あたり1億ウォン(約1000万円)の賠償(ばいしょう)を命じました。日本政府は「日韓関係の法的基盤(きばん)を根本から覆(くつがえ)すものだ」(河野太郎外相)と強く反発しています。外交問題に発展した確定判決の背景と課題を整理しました。

この記事は有料記事です。

残り2196文字(全文2359文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです