メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「盗撮罪」創設

上谷さくら氏

 スマートフォンの普及で増加する盗撮行為。被害拡大を受け、現行法には取り締まりの「抜け穴」があるとして、刑法改正による盗撮罪の創設を求める動きが出ている。一方、刑法による摘発は慎重を期すべきであり、創設は時期尚早との意見も。いつ誰が被害に遭ってもおかしくない盗撮。どう対処すればいいのか。【聞き手・椋田佳代】

この記事は有料記事です。

残り2753文字(全文2907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです