メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

日産の課題 佃モビリティ総研代表・佃義夫氏/専修大教授・中村吉明氏

新体制の構築や日仏3社連合のあり方など、ゴーン前会長解任後の日産が抱える課題は多い=横浜市西区の日産グローバル本社で22日、丸山博撮影

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が金融商品取引法違反容疑で逮捕された事件は、世界中に衝撃を与えた。「カリスマ経営者」が起こした不正の背景や、日産の課題について、自動車業界に詳しい識者に聞いた。【聞き手・小倉祥徳】

不透明な経営、検証せよ 佃モビリティ総研代表・佃義夫氏

 事件には非常に驚いた。ゴーン前会長には何度もインタビューしたが、日本を愛し、日産を立て直したいという情熱と強い自信を感じた。パフォーマンスも多く、都合の悪い質問をかわすしたたかさも持ち合わせていたが、分かりやすい目標を掲げて実現する「コミットメント経営」で、日産の業績をV字回復させたのは事実。プロ経営者としての手腕を大いに評価していた。

 合理的な性格のゴーン前会長が、既に巨額の報酬を得ていたのに、なぜ失脚につながる公私混同を行ったのか…

この記事は有料記事です。

残り1645文字(全文2003文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです