メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深海アイドル図鑑

/16 イガグリホンヤドカリ

レア ★★★★

    グルメ (べられない)

    どうめい ★★★★★

    評価ひょうか写真しゃしん沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん最大さいだい★5)

    生息域せいそくいき 日本近海にほんきんかいなどの水深すいしん300メートルまでの海底かいてい

    体長たいちょう 5センチメートル程度ていど


     ヤドカリの「宿やど」にたるのは、「イガグリガイウミヒドラ」という、イソギンチャクとおな刺胞動物しほうどうぶつ仲間なかまです。一般的いっぱんてきなヤドカリはおおきくなると自分じぶんからだかい必要ひつようがありますが、ウミヒドラはおおきくなるのでその必要ひつようはありません。しかもウミヒドラはタコなど外敵がいてきはら毒針どくばりっているので、ヤドカリは大助おおだすかりです。

     一方いっぽう、ウミヒドラもヤドカリのおかげでらく移動いどうでき、ヤドカリののこしをべることができます。人間にんげん社会しゃかいでも、これだけ損得そんとく一致いっちした強固きょうこ関係かんけいはなかなかありません。


    沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん

     深海魚しんかいぎょをメインとする水族館すいぞくかんで、世界せかいでも数少かずすくない冷凍れいとうシーラカンスを展示てんじしています。日本一深にほんいちふか駿河湾するがわん最深さいしん2500メートル)に生息せいそくする深海魚しんかいぎょなどのほか、ダイオウグソクムシの透明骨格標本とうめいこっかくひょうほんられます。

    アクセス

    住所じゅうしょ 静岡県沼津市千本港町しずおかけんぬまづしせんぼんみなとまち83番地ばんち

    最寄もよえき JR東海道線とうかいどうせん沼津駅ぬまづえきからバスでやく15ふん

    休館日きゅうかんび 保守点検ほしゅてんけん臨時休業以外りんじきゅうぎょういがい年中無休ねんじゅうむきゅう

    営業時間えいぎょうじかん 午前ごぜん10午後ごご

    夏期かき冬期とうき繁忙期はんぼうき変更へんこうする場合ばあいがあります)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
    2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
    3. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
    4. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委
    5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです