メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・あきた

「地域のシンボル」継承 浅内ナゴメハギ保存会長 保坂智之さん /秋田

 冬にさぼっていろりばかり囲んでいると、股や脛(すね)につく火斑(ひだこ)のことを指すナゴメ。これを剥いで怠け心を排するため家々を訪ねる「ナゴメハギ」。大みそかの夜、能代市の浅内集落で演じられ続けてきた住民自慢の伝統行事だ。

 「男鹿のナマハゲ」を含む8県10件の伝統行事で構成される「来訪神 仮面・仮装の神々」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される動きが、大きく報じられる中「ナマハゲに注がれる目が、こちらにも向く絶好のチャンス」と、意欲を燃やす。

 浅内に生まれ育ち、米穀店を営む父を含む集落の若手が代々、「神」にふんするナゴメハギに親しんできた。…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 千葉女児虐待死 父「丁寧で実直」 暴力振るうとみられず 同僚ら衝撃
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです