メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

英EU離脱協定案 政治無関心、皮肉な逆説=京都大教授・中西寛

中西寛、京都大学教授=東京都千代田区で2018年3月7日、太田康男撮影

中西寛(ひろし)

 来年3月29日に予定されている英国の欧州連合(EU)からの離脱協定案が当局間で合意され、離脱交渉がクライマックスを迎えている。交渉の帰趨(きすう)はヨーロッパだけの問題でなく、来年の世界を占う上でも重要な意味をもっている。

 協定案は600ページ近い大部なものだが、英国のEU離脱を完全決着させるものではなく、2020年末までを移行期間として困難な争点についてさらに交渉を続けるための中間的な協定である。離脱後のEUとの通商協定交渉と共に最難問となったのは、当初は争点としてほとんど意識されなかったアイルランド島内にある英国の一部の北アイルランドとアイルランド国との間の国境問題だった。

 かつて英国の一部であったアイルランドは、1922年にその南部がアイルランド自由国として独立した。し…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです