メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

佐渡裕 「1万人の第九」で20回目のタクト 音楽の喜び分かち合う

指揮者の佐渡裕=大阪市北区で、木葉健二撮影

 「この指揮台に立つことは僕の天命。1万人を前にするといまだに圧倒される」。今年で36回目を迎える師走の風物詩「サントリー1万人の第九」で、総監督と指揮を務める。ベートーベンの「交響曲第9番」を歌うため、一般公募によって結成された1万人の合唱団の前で指揮棒を振るのは20回目だ。

 初めてオファーを受けた時は1回だけ、という約束だった。「1万人で交響曲をやるというイベント的要素が嫌だった」。だが、実際に指揮してみると「ベートーベンのメッセージが1万人(それぞれ)の中にあるような気さえする」と面白さを感じた。

 合唱団は北海道から沖縄まで全国から集まってくる。自身が拠点とするウィーンからも約20人が参加する。…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1028文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. さぬき市 2温泉10月廃止方針 入浴施設以外は存続 /香川
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです