メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

間村俊一の装幀本=酒井佐忠

 文学書、とりわけ現代詩歌本の装幀で独自の個性を発揮する間村俊一。彼のブック・デザイナーとしての魅力を探る一冊が出た。『彼方の本-間村俊一の仕事』(筑摩書房)。定規やカッターなど道具重視の職人気質(かたぎ)の仕事から生まれる美学が魅力の源泉。最も目につきやすい書体の大胆な活用も現代性に富んでいる。だが、さらに彼の根底に流れているのは、若き日に培ったアウトサイダー的な文学偏愛の魂である。

 『新校本宮澤賢治全集』『新編中原中也全集』『塚本邦雄全集』『金子兜太集』をはじめ、手がけた約300…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです