メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

翻訳精度、進化中! 初めての海外旅行でも安心な「双方向翻訳機」5選(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

初めての海外旅行や初めての国に訪れるとき、一番不安なのは「言語」ではないでしょうか? そんなとき役に立ってくれるのが双方向翻訳機です。翻訳機に向かって話しかけるだけで翻訳結果を音声で出力してくれるので、その場に通訳がいるかのように会話することが可能です。また、最近の翻訳機はAIを搭載している製品もあり、翻訳精度が向上。今回は旅のお供に持っておきたい双方向翻訳機をご紹介します。

 

目次

  • 音声翻訳機シェアNo.1!POCKETALK(ポケトーク)
  • 複数人でのグループ翻訳もOK!Nobsound T2S智能翻訳機
  • グッドデザイン賞受賞!ez:commu (イージーコミュ)
  • オフラインでも使用OK!Langie(ランジー)
  • 最速0.5秒で翻訳してくれる!GKG AI携帯音声翻訳機

 

 


音声翻訳機シェアNo.1の大人気翻訳機


POCKETALK(ポケトーク)

 

POCKETALK(ポケトーク)は、英語はもちろん、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、タイ語、ベトナム語など、74言語のうち任意の2言語でコミュニケーションできる双方向翻訳機。インド英語、ブラジルボルトガル語などの方言にも対応しているのが嬉しいですね。翻訳は、端末ではなくクラウド上のエンジンを使用するためいつも最新。言語ごとに最適な翻訳エンジンを利用し、従来のオフラインの翻訳機では成しえない高度な処理を実現しています。

 


複数人でのグループ翻訳ができる翻訳機


Nobsound T2S智能翻訳機

52の言語に対応し、画面タッチだけでどんな言語でも音声を認識し、文字で翻訳してくれる翻訳機。また、1つのチャネルで最大1000人までグループ翻訳に参加できるのも特徴。これまでの翻訳アプリや翻訳機は一つの翻訳エンジンにアクセスして訳すのに対し、T2s智能音声翻訳機はGoogle、マイクロソフトの2つの翻訳エンジンに同時にアクセスし、AIが翻訳結果を比較して判断するため精度の高い翻訳を実現しています。2018年時点でのサポート言語は52言語ですが、今後も随時言語が無料で追加されていくとのこと。

 


グッドデザイン賞受賞!親しみやすいデザインの翻訳機


ez:commu (イージーコミュ)


 

ez:commuは、持ちやすさ/使いやすさ/親しみやすさを追求した翻訳機。本体やボタンの形状・配置を熟考し、試作を重ねデザインされているのが特徴です。旅行でもビジネスでも使える製品を目指し、対面の翻訳で使用する[A]/[B]のボタン周りに、指のスライドをガイドする凹みを設けるなど、アイコニックな造形と機能を併せ持たせています。また、マイクとスピーカーのメッシュの穴の大きさにもこだわり、極力余計なノイズとならないよう配慮。世界32か国及び地域の言語対応しています。

 


オフラインでも使える翻訳機


Langie(ランジー)

Langie(ランジー)は、インターネットに繋がなくても使用できる翻訳機です。オフラインで対応しているのは英語・中国語・韓国語など12か国語。インターネットに接続すれば、広東語、マレー語、アラビア語など全52言語の翻訳が可能になります。また、使い勝手にも注目。ランジーには本体を動かさずスムーズに会話ができるよう、表裏の両面にスピーカーとマイクが付いています。両側ともノイズキャンセル集音マイクを搭載しているので、雑踏の中でも声を拾い、翻訳のボリュームも調整ができるので、双方向コミュニケーションを邪魔しません。

 


最速0.5秒で翻訳してくれる翻訳機


GKG AI携帯音声翻訳機

GKG のAI携帯音声翻訳機は、あいさつなどの短い言葉で最速0.5秒、通常の会話の長さで約1秒と、瞬時に翻訳できるのが特徴です。また、待機状態から電源ボタンを押すと素早く起動するので、すぐに使えるのも嬉しいポイント。使用後も瞬時に待機状態に切り替えられます。また、旅行やビジネスで外国語のコミュニケーションをとるときだけでなく、外国語の発音が正しく言えているか確認するために使うのもおすすめです。翻訳機に向かって外国語を喋った時に、翻訳結果の日本語が正しく表示されればきちんと発音できた証拠。外国語の習得に向けて、勉強中の方は持っておきたい一台です。

 

 

目次に戻る

 

 

【関連記事】
やっぱり猫に小判?クラウドで1億円以上も集めた最新版「ハイテク猫用トイレ」
初めてのボイスレコーダーに最適!コスパ抜群の「ICレコーダー」5選
これはダサい★クリスマスは「アグリーセーター」で盛り上がろう!インスタ映えも◎
パソコンでもLINE! PC版LINEの使い方&スマホ版LINEとの違い
今期テレビドラマ★公式インスタアカウントまとめ!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  2. アマゾン 「買い切り」方式、出版業界に波紋 年内にも導入
  3. 韓国紙幣からコカイン検出 ピエール瀧容疑者の自宅で押収
  4. サクラを枯らす外来カミキリの被害拡大 128カ所に 埼玉
  5. ロック歌手、内田裕也さん死去 79歳 妻・樹木希林さん死去から半年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです