メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

三原、涙の2位「4位コレクターから抜け出せた」 200点超え(スポニチ)

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦フランス杯最終日(2018年11月24日 グルノーブル)

 呪縛から解き放たれた三原の目から涙があふれた。フリー3位の134.86点で、目標の200点超えを果たした。優勝が必要だったファイナル進出には一歩届かなかったが、GP自己最高の2位。4戦連続4位だっただけに、「4位コレクターから抜け出せてうれしい」と実感を込めた。

     全身の関節が痛む病気と付き合いながら、トップでの戦いを続けている。フリーではアップのし過ぎで疲れ、体が動かない状態から踏ん張った。SPで回転不足と判定された関門のルッツ-トーループの2連続3回転を成功。中野園子コーチも「集中力だけは天才。よくやった」と称えた。笑顔で表彰台に立った三原は「もっと成長できる」と今後を見据えた。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
    2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
    3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
    4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
    5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです