メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
読書日記

著者のことば 涸沢純平さん 「家族」への哀悼つづる

 ■やちまたの人 涸沢純平(からさわ・じゅんぺい)さん 編集工房ノア・2160円

 昨秋に刊行した「遅れ時計の詩人 編集工房ノア著者追悼記」の続編。涸沢さんは大阪市にある版元の社主である。「大阪で文芸出版社を起こしたい」と志し、1975年に創業した。以来、関西在住の作者が執筆する詩集や小説、エッセー集を中心に1000点近くを、夫婦2人の小さな「箱舟」から送り出した。良書の出版には定評がある。

 「やちまた」は作家の足立巻一が好きだった言葉で、道がいくつにも分かれた場所の意。「人と人のつながり…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文931文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです