メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「座頭市」のセット建て込みを終えて間もなく、馬場正男は金沢市で、教材映画「夫婦だもの」のロケセット美術を担当した。撮影が終盤にさしかかった1989年2月2日、製作元の日本映像企画社長、竹本幸之祐が急死してしまう。宿舎にかかってきた深夜の電話で知らされた馬場は驚いたが、すぐに竹本の妻コズエから「支払いは遅れるが、何とか最後まで」と頼まれて撮影を続行、映画は無事完成した。コズエは「スタッフに支えられた。感謝しています」と振り返った。

 馬場にすれば、思わぬ不幸で仕事先の一つがなくなった。さてどうしようかと考え始めたところ、松竹の京都…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです