メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

災害時情報収集に活用 大泉町、運用事業者と撮影協定 /群馬

 大泉町は26日、災害時の情報収集にドローンを活用しようと、機材と運用のノウハウを持つ群馬インターネット(本社・高崎市)と「災害時における無人遠隔操作航空撮影に関する協定」を結んだ。村山俊明町長は「交通網が寸断される災害時に、ドローンによる空からの状況把握で、どの地域が最も救助を必要としているかを迅速につかみ、ピンポイントで救助に向かえる」と期待している。

 ドローンは操縦者から半径約2キロのエリアで、高さ約150メートルから動画・静止画を撮影できる。無風…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです