メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

川柳は見ていた=玉木研二

 <ka-ron>

 川柳は皮肉と風刺、滑稽(こっけい)と哀感に生きる。時に権力の不興と不安を誘う。

 たとえば、戦前プロレタリア川柳を唱えた鶴彬(つるあきら)は<手と足をもいだ丸太にしてかへし>などと詠んで反軍の信念を鮮明にし、厳しい弾圧の中、20代の若さで死んだ。

 一方、日常の生活の中で川柳を愛した多くの無名の人らは、戦争中、どんな思いを作品にこめていただろうか。

 フリーライターの田村義彦さん(77)は戦時中でも発行された「川柳きやり」「番傘」2誌の膨大な作品に…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 千葉女児虐待死 父「丁寧で実直」 暴力振るうとみられず 同僚ら衝撃
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです