メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

森保J、足場固め着実 5戦終え初出場8人 個の力尊重、「逃げ切る守り」課題

9月のコスタリカ戦で、後半、ドリブルする中島(左)。右は南野=小出洋平撮影

 森保一監督率いる新生日本代表が順調な滑り出しを見せている。9月の初陣から強化試合5戦を終え、世界ランク6位の強豪ウルグアイを破るなど4勝1分けと負け知らずだ。新体制で初の国際大会となる来年1月開幕のアジアカップ(アラブ首長国連邦)では覇権奪還を目指す。【大島祥平】

 「選手が、我々がやろうとするベースの部分でよくトライしてくれている。順調に積み上げられているかなと思う」。年内最後の試合となったキルギス戦(20日・愛知)の翌日、森保監督は宿舎で穏やかな表情で語った。

 5試合で30人を起用し、初出場は8人だった。9月は代表経験の少ない選手を中心に新戦力を発掘し、南野…

この記事は有料記事です。

残り2441文字(全文2725文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです