メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『野の春』『谷口ジロー 描くよろこび』ほか

今週の新刊

◆『野の春 流転の海 第9部』宮本輝・著(新潮社/税別2100円)

 まちがいなく今年一番の話題作が宮本輝『野の春』。自らの「父」をモデルに37年書き継いだ大河小説シリーズ『流転の海』が、この9作目でついに完結した。

 終戦直後の大阪闇市で小さな会社を始めた松坂熊吾50歳。この年に初めて授かった子どもが、著者自身を映した伸仁だ。本作では20年近い月日が流れ、熊吾は中古車会社を経営、妻子と別居し、女と暮らしている。

 物語は進み、伸仁の母・房江の描写の比重が大きくなり、世の流れも速度を増す。房江は「変わらないものな…

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1809文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです