メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『野の春』『谷口ジロー 描くよろこび』ほか

今週の新刊

◆『野の春 流転の海 第9部』宮本輝・著(新潮社/税別2100円)

 まちがいなく今年一番の話題作が宮本輝『野の春』。自らの「父」をモデルに37年書き継いだ大河小説シリーズ『流転の海』が、この9作目でついに完結した。

 終戦直後の大阪闇市で小さな会社を始めた松坂熊吾50歳。この年に初めて授かった子どもが、著者自身を映した伸仁だ。本作では20年近い月日が流れ、熊吾は中古車会社を経営、妻子と別居し、女と暮らしている。

 物語は進み、伸仁の母・房江の描写の比重が大きくなり、世の流れも速度を増す。房江は「変わらないものな…

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1809文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  5. 「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー レオパレス問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです