メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『祇園、うっとこの話』谷口桂子/聞書き

祇園、花街、縁(えにし)、女二代あでやかに、ひたむきに生きる

◆『祇園、うっとこの話 「みの家」女将、ひとり語り』谷口桂子/聞書き(平凡社/税別1800円)

 聞書き『祇園、うっとこの話』がおもしろい。「うっとこ」とは、家のこと、自身のこと。はんなりとした祇園言葉にのせて、花街で生きてきた起伏の激しい道のりが率直に語られる。たおやかな口調の背後に一本スジの通った芯の強さ、神経の濃(こま)やかさが浮かび上がってくるのだが、それは、京おんなの強さというより、祇園という世界で生き抜く手立てなのだと気づくとき、「うっとこの話」がいっそうの陰影を帯び始める。

 語り手は祇園「みの家」当代女将(おかみ)、吉村薫。祇園にこのひとありといわれた伝説の女将にして女実…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1560文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです