メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『祇園、うっとこの話』谷口桂子/聞書き

祇園、花街、縁(えにし)、女二代あでやかに、ひたむきに生きる

◆『祇園、うっとこの話 「みの家」女将、ひとり語り』谷口桂子/聞書き(平凡社/税別1800円)

 聞書き『祇園、うっとこの話』がおもしろい。「うっとこ」とは、家のこと、自身のこと。はんなりとした祇園言葉にのせて、花街で生きてきた起伏の激しい道のりが率直に語られる。たおやかな口調の背後に一本スジの通った芯の強さ、神経の濃(こま)やかさが浮かび上がってくるのだが、それは、京おんなの強さというより、祇園という世界で生き抜く手立てなのだと気づくとき、「うっとこの話」がいっそうの陰影を帯び始める。

 語り手は祇園「みの家」当代女将(おかみ)、吉村薫。祇園にこのひとありといわれた伝説の女将にして女実…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです