メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

浜田靖一氏/下 「天切り松 闇がたり」 国会対策も「義理と人情とやせ我慢」

インタビューに答える浜田靖一・衆院議員=東京都千代田区永田町の衆院第2議員会館で2018年11月12日、宮本明登撮影

ロングバージョン

 この小説は、スリや盗っ人の元締だった男が、大正時代の仲間たちとの逸話を振り返る設定の作品だ。「どこまでいっても親分は一人」という筋を通そうとする男が描かれる。主人公のべらんめえ口調のセリフの響きが、読んでいるだけでも耳によみがえってきて心地よい。

 主題は「義理と人情とやせ我慢」。(元官房長官の)梶山静六先生が常々言っていたことと重なる。党の国対委員長もやらせてもらった身からすると、国対(国会対策)には、まさにそれが必要だ。

 自民党の政治家は、得意な政策の分野ごとに「○○族」と言われれたりする。それで言うと、僕は「国対(国…

この記事は有料記事です。

残り1750文字(全文2022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです