メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

18番・菅野「葛藤あったが…」(スポニチ)

NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD(2018年11月27日)

 巨人・菅野がへんとうの摘出手術後、初めて公の場に姿を現した。来季から背番号を18に変更する右腕は「(今季まで付けた)19に愛着もあるし、いろいろな葛藤があった。でも何よりも皆が僕に付けて欲しいと背中を押してくれた」と決断の理由を明かした。

     今季は28試合に登板し、15勝8敗、防御率2・14。10完投、200奪三振など全項目をクリアし、文句なしで2年連続沢村賞に輝いた。圧倒的な成績を残してもなおゴールは先にある。「まだまだ上を目指せると思うので来年は全項目に加えて20勝を目標に頑張ります」と宣言した。 

     原監督から来季の開幕投手に指名された。「もちろん開幕はマウンドに上がるつもりでいた。早い段階で指名してくれるのはうれしい。まずはそこに照準を定めてやっていく」と気合い十分。CSでのノーヒットノーラン、2年連続の3戦連続完封など数々の記録を打ち立てたエースはさらなる高みを目指す。「(18番は)誰もが背負えるものではないと思う。巨人の18番といったら菅野と言ってもらえるような活躍をしたい」。来季も自己記録を更新する菅野が見られそうだ。(岡村 幸治)(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
    2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
    3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
    4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
    5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです